持続時間が長いシアリスジェネリックについて

男性における性行為の悩みの一つに、下半身の元気がないことによる持続時間の短さがあります。元気がない原因は様々です。
人間関係や金銭的な悩み、仕事上のストレス等による精神的なものや、加齢とともによる体の衰え、過剰な飲酒や喫煙等の生活習慣などもあります。
勃起の持続時間が短いと満足な性行為を行うことが困難となり、パートナーとの関係も悪化します。
放置しても自然回復するかはわかりませんので、何らかの処置が必要です。

根本的には持続時間が短くなった原因を解決するのが良いのですが、応急的には勃起薬を使ってパートナーとの関係が悪化しないように対処するのが良いでしょう。
勃起薬は専門の病院で診察を受けると処方してもらえます。勃起薬には色々な種類がありますが、最も持続時間が長く、人気の勃起薬ランキングでも1位に名乗りを挙げるのがシアリスです。

シアリスはヨーロッパで開発されて2002年に承認されました。日本では2007年に承認されて販売され始めています。
シアリスの特徴は、なんと言っても持続時間が他の治療薬に比べて圧倒的に長いところです。
他の治療薬の効果の持続時間が5時間前後に比べて、シアリスは36時間と非常に長いです。
効果は緩やかに現れ、服用してから3時間程かかります。勃起の仕方も自然な感じなので違和感がありません。
また食事の影響を受けにくい特徴もあります。他の治療薬では空腹時に服用するなどの制約がありますが、シアリスは特にないので食後に服用しても大丈夫です。

シアリスの有効成分はタダラフィルという成分で、肺高血圧症や排尿障害の治療薬の成分としても使われています。
このタダラフィルの含有量の違う種類のシアリスが販売されており、5mg、10mg、20mgの3種類ありますが主には10mgと20mgが治療に使われます。

肝心の価格ですが、タダラフィルの含有量の多いものほど効果ですが、大体1錠2000円前後です。
パートナーとの性行為の頻度によって購入する量を決めて下さい。

シアリスのジェネリックでも持続時間が長い

先程紹介した通りシアリスは効果が高い分、価格もそれなりにします。
金銭的な余裕がない場合はシアリスのジェネリック薬品を有効に利用する方法があります。
ジェネリックとしてはインドで数種類の薬が作られて販売されています。主にはメガリス、ジマリス、タダシップがあります。
メガリスはインドの製薬会社であるMacleods Pharmaceuticals社が開発、販売しておりピンク色がかったオレンジ色をしているのが特徴です。
ジマリスもインドのジマーファーマ社の開発した薬で、1錠あたり700円前後の価格で販売されています。
タダシップも同様でインドのシプラ社の製品で効果はシアリスと同じです。

各社のジェネリックともシアリスと同じ有効成分のタダラフィルが含有しています。
製法も同じなので、シアリスの特徴である持続時間の長さや食事の影響を受けにくい特徴は同じです。
価格も安いのですが、病院では取り扱っていないため、購入するには海外から調達する必要があります。

海外から購入する方法は、個人で輸入するしかありませんが、税関などの手続きが大変なため輸入代行業者を利用すると良いでしょう。
代行業者を利用する上での注意点として、信頼できる業者を選ぶことです。
シアリスのジェネリックは安いですが、中には偽物を扱う業者も存在します。長年の実績があり、口コミ評価も高い業者を選ぶようにしましょう。

ジェネリック薬品は先程紹介した種類があります。どの薬も効果はありますが、最初はシアリスを服用して体質的に問題ないか確認しましょう。
シアリスで効果を実感できたらジェネリックを試して下さい。
服用は性行為の3時間前で、持続時間が問題なければジェネリックを使用して差し支えありません。